吹田市亥子谷に音楽Caféがオープンしました。 › 本日の特集は#エラ・フィッツジェラルド

本日の特集は#エラ・フィッツジェラルド

2017年08月12日

本日の特集は#エラ・フィッツジェラルド

代表的な女性ジャズボーカルの一人です。

プロとしてのデビューは1934年で、亡くなる1996年までほぼフルで活躍していましたので、作品、楽曲の数は膨大です。

彼女が一躍有名になり、ジャズボーカルの名盤となったのが、「エラ・イン・ベルリン(マックザナイフ)」です。
その名の通り、ドイツ、ベルリンでのライブなのですが、彼女は、「三文オペラ」内の「マックザナイフ(独語でメッキー・メッサーでこのオペラの主人公の名前)」を歌ったのですが、これが大評判。その後の彼女の代表曲となります。

彼女の歌の特徴は声質と言うより歌唱法の凄さと思います。
ビッグバンドで歌うアップテンポな曲でのスキャット唱法は計算されたものでなく、「ノリ(アドリブ)」で出来る唱法です。
また、バラードで使うスキャットは、音程の使い方が絶妙で、またそれが聞き手に難しく聴こえないのも特徴と言えます。

晩年は糖尿病で苦しみますが、1973年のニューポートジャズでのライブは見事。執念みたいのを感じます。
また「ベルリン」と同時期に「JATP(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)とのライブでのオペラハウス」(写真)、初心者でも聴きやすい「コールポーター作品集」などは特におすすめです。




Posted by ビーバンプ at 16:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。